手汗・顔汗を止めたい!けど止められない人達の悩み

手汗を止めるツボでひどい手汗の症状を抑えよう

握手を求められた時に手汗をかいていると恥ずかしいですよね。また、手汗をかいていたら恋人の異性と手を握る事もできません。このような手汗ですが、人によっては異常に手汗をかく場合があります。

このようなケースを【手の平の多汗症】といいます。手の平の多汗症を抑える手っ取り早い方法としてツボを押すという方法があります。以下の文章ではその手汗を抑えるツボについて解説していきます。

手汗を抑える有名なツボ

手汗を抑えるツボとして有名なのは「労宮(ろうきゅう)」「合谷(ごうこく)」というものです。

手汗

どちらのツボも精神的なストレスや緊張を和らげる効果があるとされているツボになります。

そもそも手汗というのは、緊張や興奮をした時に交感神経が刺激された時に発生してしまう「精神的発汗」であると言われています。

この労宮や合谷のような精神をリラックスさせる効果があり、交感神経を落ち着けるツボを押してやれば、そのような精神的発汗もおさまります。

押す場所

労宮は手のひらの真ん中にあるツボです。握りこぶしと作った時に中指が触っている部分にあるツボになります。このツボには気持ちを落ち着かせて、交感神経の緊張を抑える効果があります。このツボを5秒押して、5秒離すというサイクルで刺激し、これを5セット繰り返すと効果的です。

また、合谷というツボは手の甲の親指と人差し指が合わさるところにあるくぼみの事をいいます。ストレスや不安、神経過敏のような精神的な症状を和らげるのに効果を発揮するツボであると言われています。

そのため、この合谷を親指を骨のましたに潜り込ませるようなイメージで押してやると良いでしょう。3~5秒押して、1秒離すというサイクルを1セットにします。

そして、このサイクルを3~5セット続けてやることによって多少は手汗の症状が治まってくるはずです。
(参考:手汗を止めるツボと効果的な押し方より)

ツボを押したからといってすぐに手汗の症状が収まる訳では有りませんが、継続すれば効果は出るはずですので、諦めずに続けて下さいね。