手汗・顔汗を止めたい!けど止められない人達の悩み

毎年夏は最悪に気が重いです。

汗

放送、映像関係や受付など、あまり顔に汗をかいていると見苦しいと感じがちな仕事についていたせいか、どんなに暑い時でもなぜか顔だけはあまり汗が目立ちません。

本人はものすごく暑くて不快なのに、「いつも涼しい顔してるね」と言われてしまうほどです。ただその代わりに体の方はものすごい量の汗をかくので、汗じみや臭いなどには毎年悩まされています。

汗かきが困る事

まずは薄い色の服を着られないという点。暑いので熱を集める黒なんかは極力避けたいのに、選択肢がないので真夏に黒い服を着ざるを得なかったりするのは本当につらいです。どうしても淡色を着たい時にはアンダーとして中に薄いカットソーを着るしかなく、それでも結局重ね着のせいで余計に暑くて汗をかき、下手をするとアンダーを着ても汗の跡が見えたりするのであまり意味がありません。

一時期は汗わきパットなどを試してみたりもしましたが、想像通り時間がたつと衣服の中でズレてきて不快だったり、パットでカバーされている範囲以上に汗をかくと、妙な位置に急に汗じみが出現して余計に人目が気になったりと、わたしは上手く使いこなせませんでした。

また体の中で一番大量に汗をかくのが下半身、特に太もも部分なのでボトムスにも気を使う必要があります。当然淡色のものは着られず、さらにものすごく暑い時には長時間座っているとジワジワ汗をかいてくるので、まず電車では座れないし、仕事で座っていた後立ち上がる時に以上に神経を使います。女性は生理の時にヒヤヒヤしたりしますが、その感覚が暑い季節中ずっと続く感じです。

ニオイ対策

汗じみに関しては、そうして極力濃色の服を着て目立たないようにするしかないのですが、臭いについてはロールオンタイプの制汗剤が比較的有効です。

人の汗の臭いに敏感なので、出来れば自分は人に迷惑をかけたくないという思いが強く、新しい商品は色々試しているのですが、最近はずっと直接塗布するタイプのもので落ち着いています。スプレーよりももちが良いのか時間がたっても臭いません。サッと洗うだけでは落ちにくく、なかなか頑固なのでシャワー時は大変ですが、それだけ効果があるのだろうと思って愛用しています。

日本の気候が少しずつ変わって夏が厳しくなってきているので、今後も苦労は続きそうですが、なんとか試行錯誤しながらベストな対策を講じていきたいです。